身体拘束廃止について

当施設は、原則としてご利用の方々に対し身体拘束を行ないません。
但し、自傷他害の恐れがある等緊急やむを得ない場合は、
管理者が判断し、身体拘束その他利用者の行動を制限する行為を行うことがあります。
当該利用者または他の利用者等の生命又は身体を保護するため等
緊急やむを得ず身体拘束を行う場合には、
当施設の医師がその様態及び時間、その際の利用者の心身の状況、
緊急やむを得なかった理由を診療録に記載します。
この場合には、当施設の医師がその状況及び時間、その際の利用者の心身の様子、
緊急やむを得なかった理由を診療録に記載することとしています。